このエントリーをはてなブックマークに追加
このエントリーをはてなブックマークに追加
はてなブックマーク - えびてん 10話 「ビューティフルドリーマーズ」 感想
Share on Facebook
Post to Google Buzz
Bookmark this on Yahoo Bookmark
Bookmark this on Livedoor Clip
Share on FriendFeed
[`tweetmeme` not found]
[`grow` not found]

アニメ『えびてん』 公立海老栖川高校天悶部 10話 「ビューティフルドリーマーズ」の感想です。

今回の元ネタは『うる星やつら 劇場版 ビューティフルドリーマー』。

ずっと気になってたのですが、EDのクレジット、一番上は野矢一樹になってるんですよね。

野矢が主人公ってどういうこと?・・・と思っていたのですが、

10話を観て、『うる星やつら』の主人公はあたるだけど

実質的な主人公はラムである・・・というような

よくあるパターンのパロディをやっているのかな・・・と思いました。

ただ、いつものことですが、パロディ以外の部分はあまり頭に入ってこない・・・。

繰り返し観るうち、「あ、こういう話なんだ」と分かってきます。

それくらい印象が薄かった・・・。

 

でも、アクシデントを乗り越えて、泉子と野矢は素直にお互いの気持ちを通じ合えたみたい。

いい場面までパロディとは、『えびてん』らしいですね。

非難も多そうですが、「苦情はよそへ」ってことで。

 

さて、アニメ『えびてん』ですが、結構好きでした。

『えびてん』の偉いところは、絵を真似せずに絵コンテを真似する、という点でしょうか。

 

例えば『北斗の拳』の絵柄を真似するのって

それほど難しいことではないと思うのです。

しかし、それをせずにあくまで言葉や動作でパロディをするからこそ

不謹慎さが増し、笑えるのではないかと。

そう言う意味で、「GJ!逃げろ!」という感じで賞賛を送りたいです。

 

ぜひ続編も観てみたいです。乙でした~。

 

ブログランキング・にほんブログ村へ


人気ブログランキングへ
TVでは放送されない11話