ROUND1 BUY OR DIE?
くすぶる火をたやすな。それが暗い道を照らす灯となる


『メガロボクス』というアニメは『あしたのジョー』を下敷きにしているそうです。
絵はタッチを活かしたザラッとした線が格好いい。繋がってるようで繋がってない線は描くのが面倒臭そう。PCの塗りつぶし機能を使うと他のとこまで塗りつぶしてしまってギョッとするやつだ。
設定としては機械を身に着けたボクシング「メガロボクス」というものがあって、メガロボクス世界王者を決めるメガロニアという大会がこれから開催されるという。その一方で貧民街では賭けメガロボクスが行われており、主人公のジャンクドッグはそっちに出ています。でも強すぎて賭けにならないので八百長を強いられ、そのことに不満を持っている・・・という話。
『あしたのジョー』はいつか読もうと思っていたけど、さすがに有名すぎて話の大筋は何処かで聞いたことがあるので、今まで通しで全部読んだことはありません。最後の真っ白に燃え尽きるところや力石が握手しようとして死ぬところ、マンモス西の鼻うどんくらいは常識として知っており、それ意外にも立ち読みで覚えている記憶はいくらかあります。なのでこの『メガロボクス』に『あしたのジョー』をオマージュした場面があっても気づかないかもしれないです。その点は残念ですが、元ネタを知らなくても楽しめそうな気はします。
力石にあたるのが勇利というキャラなのでしょうが、なんとなく最後に再戦するような気がしています。でも力石とは全編の途中で戦っているわけで、そこはどうなるのだろう?名前は勇利アルバチャコフからとったのでしょう。
もうひとり、白都ゆき子というお金持ちの女性が出てきますが、これが葉子にあたると思われます。原作でジョーが葉子に怒鳴るシーンが有りましたが、こちらでも第1話からすでに有りました。自分がボーッとしてたせいでジャンクドッグがバイクで転倒したにもかかわらず、しれっと「私有地だから・・・」と言い訳じみたことをいうところが、お高くとまっていて鼻につきます。クレジットを見たらキュアショコラでした。
このアニメはTBSの深夜枠「アニメリコ」にて放送されるもので、始まる前にアニメリコという文字が出てきて思わず「なんやねん、それ?」と思ってしまいました。そんな名称が付いていたとは知らなかった。まだ知名度が低いらしく、検索すると「アニメトリコではありませんか?」という確認の文章が出てきました。