アニメ『探偵オペラ ミルキィホームズ』
第3話「棺桶の恐怖」の感想です。

ついに問題の3話です!
G4登場!

ついに横浜警察署対怪盗事件捜査チーム Genius4
通称G4登場。
G4とミルキィホームズの関係は
アニメでは特に触れられていませんが
これでミルキィホームズ・怪盗帝国・G4の
三つ巴の関係となりました。

明智小衣(あけち こころ)は子供のようなイタズラ心により、
トイズが戻るという嘘でミルキィホームズに
ツイスターゲームをやらせます。
M字開脚をするのが恥ずかしくて
逃げ出すエリーさん。
エロ担当というキャラ付けが見え始めました。
トゥエンティが来る!

しかし何といってもこの回の見所は
トゥエンティの暴走です。
後半、ミルキィホームズと怪盗帝国のスリーカードが対決。
ここから、シリーズ通して最も狂っている展開となります。
トランプで攻撃するトゥエンティ。
ミルキィホームズによけられたトランプは
床に深く刺さり、
LOVEという文字を描きます。
トランプを抜くトゥエンティは
なぜか「あ・・あ・・・あ、キタ」と卑猥な声。
その後ろ姿は違うことを想像させます。
手持ちのトランプがなくなったトゥエンティ。
自分の服を次々と放り投げながら
エリーを追いかけます。
「よくも私を裸にしたな・・・」
勝手に脱いだくせに、この言いよう。
「よく見るんだ、この私のビューティホーなボディーを」
「見せないで~」
「なぜ見ない!?」
エリーを追いかけるトゥエンティ。
両手を広げ、不敵な笑みで近づく姿は
まさに変態!
ミルキィホームズ トゥエンティ が来る.png
この場面のレイアウト、
エリーの位置は変わらず、
トゥエンティ がだんだん近づいてくるところが怖い!
間一髪のところで、
コーデリアさんがトゥエンティにぶつかり、
二人共棺桶の中へ。
「やっと二人きりになれたね・・・ハニー」
トゥエンティの頭の中では
他者の違いは問題ではなく
「自分と相手」という関係しかないようです。
「きもいよ、くらいよ、こわいよ~」

2話ではお花畑な面を見せたコーデリア。
3話では感覚の鋭さ故の
過敏な面が強調されます。
極度の暗所恐怖症、
しかも密接するトゥエンティ。
シャロの言うとおり、死んでもおかしくない
状況ですね。
そんなコーデリアに対し、
トゥエンティは絶好調。
「ハニーもいい声聞かせてよ、あぅん」
「ヒントその1、指じゃないよ」
出てきてからも
「NO~!まだ脱ぎ足りない!」
ほぼ全裸で何を言う、という感じですが、
やりすぎなくらいのトゥエンティ劇場、最高でした。

次回予告のシャロと小衣ちゃんのやり取りも
可愛くていいですね。
そして次回は、またも問題作、第4話『バリツの秘密』です。