みんなで映画を撮る話。久しぶりに他愛ない話だが、思いのほか面白かった。なによりおシャキが目立っているのが嬉しい。

おシャキが書いた脚本を無視して勝手なことをするここたま達。だが監督のシネマルは全部にOKを出す。まるで映画『ラヂオの時間』のようだ。

ずっと引っかかっていたのが、「ゲラチョのパートナーはキラリスなのか?」という問題。初期の頃はそんな雰囲気も少しあったように記憶していますが、ここのところそういった場面はありませんでした。今回、久しぶりにゲラチョとキラリスの絡みがあって安心しました。

おシャキ「こころさんならではの工作技術による完成度の低さがいい具合に不気味さを増してます」
あまりにも酷い言い方に思わず笑ってしまいました。

音響担当モグタンの姿が『ダウンタウンのごっつええ感じ』の香川さんのようだった。はいテレフォンカード。