第122話「二人のいちにんまえ伝説」
ハッピースターが生まれた時、そこにいれば貰えるようだ。馬車の中でも経験値が入る的な。しかしミシルとモグタンは怠けすぎていてハッピースターを貰えなかった。
一方ヒートンとポカリンはここトレハウスをクリア。家具をもらって帰っていった。もうじきここトレハウスも閉めるからね・・・(多分)
ベンチの上にある長方形のものはなんだろうと思っていたら、第70話に登場した腹黒アイドル『コットンキャンディ』のライブチケットだった。けっこう凝ったデザインのチケット。ぴあとかで発行されてるやつではないな。
二人で改善しようとした結果、ますますダメダメさが増すこととなった。

 

「こころとひかり、試される絆」
ひかりピラミッドが、あと一歩のところまで来ている・・・それなのにタイマーの光が消えそう。そこでこころちゃんとラキたまの契約期間を貸してあげることに。
貸すためにはこころ&ひかりの絆を試す試験を受けなければならず、別々の場所に飛ばされた二人が日暮れまでに出会わなければならない。賢いこころちゃんならこういう時動かないのが一番と考えるのだろうけど、きっと焦っていたんだね。どこかで待っていれば会えそうだけど、結果的に感動的な出会い方ができてよかった。
しかしながら、出会ったと思った瞬間、二人の前に霧が・・・相手の影が騙そうとする。この時の黒こころちゃんがやさぐれていて、珍しいものを見た。
こころとひかりの仲は、のぞみほど深い繋がりではないように感じていた。しかしこうしたやり取りを経たあとなら、抱き合うシーンが有っても不自然ではない。
さあ次回はステージだ。お母さんもお父さんも、りなちゃんも来る。コットンキャンディも出るのだろうか。みんな来ればいい。きっとショーが終わったあと、ジョーカーが拍手しながら現れて、ひかりを修行の旅に連れて行くことだろう。
みんなー!ひかりちゃんの最後の見せ場が始まるよ~!