今明かされる鬼太郎出生の秘密。絵が貸本の『墓場鬼太郎』風になるところが細かい。

タイトルにヌルリ坊とあるが、実際に印象に残るのは火男たち。ゲームでよくある、どうやっても倒せない敵キャラ感に、絶望感すら感じる。気づかれずに進むというのもゲームっぽい。血の池は本当に嫌だなあ。

夢子を背負った地獄童子が火男に気づかれたのは、小石を蹴ってしまったからなのか、それとも安堵のため息が聞こえてしまったからなのか。それより足音のほうが大きいだろう・・・と思いますが、とりあえずダッシュするところは回り込みとか使ってカッコよく仕上げられている。

夢子のピンチを救ったぬりかべは、まさに「ここは俺にまかせて早くいけ」と言わんばかり。火男たちに囲まれ、息絶えていくぬりかべ。自らを犠牲にする壁系キャラはよく見るが、本物の壁はぬりかべくらいのものだろう。
予告でちゃっかり登場しているのはどうかと思うが。

脚本:武上純希
演出:芝田浩樹
作画監督:西城隆詞
美術:田中資幸
原画:吉川真一 渡辺章 川口弘明 さいじょうたかし