とうふ小僧?なんだか弱そうな妖怪だな。そう思って期待してなかったが、見てみたら大変見応えがあった。

山の地主が木を切ろうとするところから話は始まる。山神(やまのかみ)に森を守ると約束したとうふ小僧は、謎の白い粉をふりかけた豆腐を作業現場に差し入れする。そういうのは混ぜたほうがいいと思うが、熱に弱いのだろうか。
何もかけない豆腐をパクパク食べる人(特にねずみ男)に違和感を感じるが、鬼太郎たちの食べ方も汚ねぇ!

豆腐を食べてカビだらけになったねずみ男のカビを取り払うが、ネコ娘は男性の全裸を見てもなんとも思わないのだろうか。
カビだらけになった目玉の親父。瞳の部分が充血してるようで気持ち悪い。とうふ小僧の舌先が少し飛び出てるのも気色悪い。
ハイレグってこの時代すでにあったんだな・・・
子泣きじじいは見た目の割に強いと思っていたが、将棋まで強かったとは。

終盤のバトルシーンの格好良さは一見の価値あり。意外と砂かけ婆がカッコイイ。

脚本:星山博之  
演出:白土 武  
作画監督:高田耕一  
美術:吉田聖子
原画:松本朋之,鈴木克彦,山崎タケシ,井尻博之