アニメ 『えびてん 公立海老栖川高校天悶部』

第8話 天悶スペシャル 果てしなき香草(フェロモン)の感想です。

 

「恐怖の大王は 1999 年ではなく、じつは 2012 年・・・

 それは肉体から支配者フェロモンを放出する、野矢一樹のことだったんだよ!!」

(; ・`д・´) ナ、ナンダッテー !? (`・д´・ (`・д´・ ;)

 

というわけで、MMR マガジンミステリー調査班ネタを基にしたブラック野矢回。

冒頭の但し書きは、実際に漫画『MMR マガジンミステリー調査班』5巻以降に添えられた

「この物語は事実をもとにしたフィクションです。内容に関する問い合わせは、電話では一切受け付けておりません。ご了承下さい」

まさに「見るならえびてん、苦情はよそへ」

 

キバヤシ響子によると、フェロモンにより南極の氷が溶けたり、オゾン層に穴があいたり、
ツンデレ生徒会長が暴れたりするのだとか。
一部当たってる・・・。


 

ご主人様である野矢に従順な泉子。

こぼした飲み物を拭くため、自分の服を脱ぐものの、量が多くて大変。どんだけー。

パンツまで脱ごうとしたところを、すんでのところで止められました。チィッ!

 

野矢のフェロモンにより使用人化した女生徒たち。

伊勢田生徒会長が止めようとしたものの、ゾンビ女学生たちに襲われてしまいます。

 

「私の貞操は蓮實だけのものなんだからー!!」

思わず吹き出す本音。しかし蓮實には見捨てられてしまいました。

「にょにょにょ」ゾンビ化した会長。

ツインテールを自在に操り、響子に襲いかかった・・・ところを蓮實が止めました。

赤面するゾンビ会長。記憶が呼び起こされた?愛の力!

 

使用人たちが階段を昇ってくるところ、なんかゲームの敵キャラみたい。

 

最後に本当の野矢一樹が高笑いしてましたが、何を企んでいるのでしょう?

そして猫先生の運命やいかに!?

オラ、ワクワクしてきたぞ!


人気ブログランキングへ
ブログランキング・にほんブログ村へ