「ひどいわ~」の時の夢子の顔がひどい。他にもあくびの時の顔とか。

妖精ニクスはいいことをしたつもりで、時間に追われて働く可哀想な人間を解放する。それにより夢子の父親も会社に行かないようになる。時計を破壊するパパの姿は狂気じみている。

はたしてニクスはいいことをしたのか、悪いことをしたのか。それは分からないが、青い涙を入れた小瓶が割れストレスの集合体が現れたことから考えるに、コボルトの言うとおりこの国はどうかしているのかもしれない。

家族団欒のピクニックについて来るねずみ男は、やはりどうかしている。つらら女の朴訥クールとでも言うべきキャラは面白い。率直に可愛いと思いました。

脚本:星山博之、金巻兼一  
演出:芝田浩樹  
作画監督:稲野義信  
美術:鷲崎 博
原画:及川博史,稲野義信