たまたま氷漬けの原始人を発掘したねずみ男は、それをTVで見世物に。実はそれは妖怪で、山男という。

逃亡した山男はマンモスフラワーの種をまき、水をまく(放尿)。すると街は巨大植物のジャングルに。
鬼太郎達が説得するも山男は聞く耳持たず、胞子をまく。すると町の人々は服を脱ぎ、原始の姿に。幸せそうではあるが、街は壊滅状態。

鬼太郎達が頼ったのは、偏屈で知られる夜行さん。鬼太郎にのせられ、ご自慢の文明兵器を披露。どういう経緯で「野づち」を獲得したのか?
最後は再び地中で眠りにつく山男。しかし今までは氷によりコールドスリープしていたのだが、今回は普通に寝るだけ。すぐ起きてしまうのではないのだろうか。

脚本:武上純希  
演出:葛西 治  
作画監督:清山滋崇  
美術:泰 秀信
原画:清山滋崇,大西雅也,内藤真由美