鏡じじいによって鏡の中に閉じ込められたクモコ。変わった名前だと思ったら、うんがい鏡という妖怪だった。

夢子「鏡じじいさんはちょっとエッチでロリコンだけど、心の底から悪い妖怪さんじゃないの」
なんて良い言葉でしょう。一反もめんも思わず復唱。

クモコが悪者なのは何となく気づいたけど、ねずみ男まで仲間だったとは気づかなかった。やけにかばうなあとは思ったけど。

出雲大社にある照魔鏡を用いて、うんがい鏡の妖術を解くと、クモコから本体が出現。鏡が出てくる物語のお約束どおり、攻撃を跳ね返す鬼太郎。

うんがい鏡は塩に弱いということで、磯女の竜巻の術により塩水の雨を降らせて撃退。

全てを塩水に流す器の大きな鏡じじい。あわす顔がないと自分の顔を塗りたくるぬりかべの可愛さよ。

脚本:武上純希
演出:芦川有吾
作画監督:松本勝次
美術:藤田 勉
原画:松本勝次,林委千夫,安斉敏之,芝崎素子