風子「排気ガスでちょうちょさんが死んだわ!」

環境破壊に妖怪が怒るパターンは多いが、この回は妖怪に人間が肩入れするという展開。それにより鬼太郎ファミリーは「悪い妖怪」とみなされる。

妖怪・風の又三郎が人間っぽい見た目なのに対し、子泣き爺が人間に変身したときの怪しさったらない。
鬼太郎の変装は手抜きすぎる。髭が取れてバレてしまった。砂かけナースというニッチな層向けのサービスカットには思わず笑ってしまう。

又三郎と共に世界を回っている姿を想像する風子。そのイメージ図がなんとも美しい。
困ったときの風の神登場で又三郎を懲らしめる。これで一件落着・・・と思いきや、ドキドキハラハラのドラマがここからはじまる。
鬼太郎たちが風子を説得して留まらせる・・・と思いきや、風子は又三郎と一緒に行ってしまった。寝込んでいる母がギリギリのところで風子を呼び止め、風子は村に残った。最後までどうなるのか分からなくて目が離せなかった。

脚本:武上純希  
演出:明比正行  
作画監督:清山滋崇  
美術:内川文広
原画:清山滋崇