絶滅した大海獣を調査するため、鬼太郎も同行する。その中にいる山田という男が何やら企んでおり、自分の名誉のため手柄を独り占めしようとする。
鬼太郎は山田をかばって毒蛇に咬まれたのだが、その山田に見殺しにされそうになるその時の何か言いたそうで言わない眼光が恐ろしい。その上鬼太郎は山田により大海獣の血液を注射されてしまう。普通の人間なら死ぬところだが、鬼太郎はなぜか毛むくじゃらの巨大生物になってしまい海へ落下。
記者会見により鬼太郎が死んだと伝えられ、嘆き悲しむ目玉の親父たち。全ては山田の思惑通り・・・かと思いきや大海獣が日本に上陸。それが「鬼太郎が変身した大海獣」であることは山田のみ。
大海獣鬼太郎は目玉の親父たちに会いに来るが、それが鬼太郎だと知らないので返り討ちに遭う。そこで鬼太郎が取った手とは・・・。
続きが気になる展開。

脚本:星山博之
演出:葛西 治
作画監督:稲野義信
美術:鷲崎 博
原画:及川博史,稲野義信