第104話
「かべしんぶんは芸術ですネ~」

ムッシュ・ムクンヌはちょこちょこ画面には映ってたけどセリフが無いことが多い。今回は主役級ここたまとして大活躍(?)
ムクンヌの魔法でやる気を出した仁科さんはバリバリと学級新聞に取り組む。ビヨ~ンと飛び出す「ひそむ宇宙人」の意味が分からない。
高村陽子ちゃんはウサギの子か。存在を忘れていた。それにしても美少女ばかりのクラス。

 

「ピコタせんぱいが、やってきた」

15キラキラになります⇒じゃあこれで(クリップを差し出す)
この買い物、難しそうだなあ。
お土産にチラシを持ってくるピコタ。いらないと言わないひかりちゃんの優しさ。人の心を持たぬピコタに対する思いやりか。
ショコランシェの期待の目と、その時に流れるサブタイ時BGM。他愛のない天丼なのに笑ってしまう。
ヨセップ・シャム・ミッケルもたまに映るが、声を聞いたのは久しぶり。今回はゲストキャラを拾っていく回か。
レトリバー犬の名前はムク。ムクンヌといいムクといい、今日はムクムクです!
この話は、いなくなったショコランシェを探したり、レンジ達の行先を探す推理ものだった。次回もミステリーらしい。