冒頭から本気で怖い。静かな暗闇から大首登場、そして骸骨が生まれてくるところは芸術の域に達している。
そして骨女再び。霊魂を集めて

人が長生きするようになって霊魂を集めるのが大変になったとな。でも人口も増加してるはずだから、どうなんだろう?

オナラ爆弾と言う化学兵器が鬼太郎ファミリーを襲う。夢子ちゃんまで被害に…えげつない。

子泣き「鬼太郎これを使え。妖怪風船ガムじゃ」
それだけで理解する鬼太郎の察しの良さよ。
一度は大首の攻撃に退いたものの、風船に入って無効化。大首に菌を植え付けて倒す。最初から最後まで不気味だった。

夢子もいつかはガイコツババアになる・・・。そんなことを考えさせられる終わり方。

脚本:大橋志吉  
演出:今沢哲男  
作画監督:平田かほる
原画:宮澤康紀,芳賀信行,平田かほる