かまなり(釜鳴)という妖怪は、見た目はそのまま釜。そういうのも珍しい気がする。
あれはつまりUFOなのだろうけど、現代の創作妖怪なのかと思いきや昔から言い伝えられているらしい。

髪の毛を奪い返すのだけど、カツラのようにまとまっていることに大きな違和感が。かっこよく髪の毛を装着するシーンも、よく考えればお笑いになりかねない。

「古いものは大事にしないといけない」それがかまなりが悪さする理由。ここたまを見習うべきだ。

髪の毛を奪われ、包帯姿になった鬼太郎。妖力を奪われ弱気になっている・・・というレアな鬼太郎が見られる回でした。

脚本 武上純希
演出 山寺昭夫
作監 清水明
原画 鈴木佐智子,高田耕一,佐々木久美子,嶋津郁雄