「日本には藁葺きの家が一番よ!」
そう言って椅子で家を破壊する妖怪、『天邪鬼』。やることがとにかくセコくて笑えます。ダムを決壊させて街を水没させようとするのはアレですが。

時代を感じる絵やアイテム、ファッションが今となってはギャグみたいで面白い。社会学的に価値がありそう(適当)
「バイビー」というのは80年代に流行った言葉ですが、もしかして放送当時でも少し古かったりするのだろうか?今となってはそのあたりの微妙な感じは分からない。

鋭く伸びた爪で鼻をほじっていたので、血が出てそう。
作画がところどころで遊んでいる。ペンキの缶に描かれた絵がペンキンだったり。

スタジオ座円洞担当回ということで、作監には松本朋之が初参加。ここから相当数の回を重ねていく。

脚本 大橋志吉
演出 芝田浩樹
作監 松本朋之
原画 松本朋之,鈴木克彦,山崎タケシ,舛舘俊秀