冒頭、人魚の子供を売っている鬼太郎が不思議な感じ。つげ義春の漫画のような。

前回ニセねずみ男だったのに、今回も偽物の話なのか。

今回の見どころは、ちんちんですね。さざえのような。

ガキに対して「更年期障害だな」はないだろうヤブ医者(薬局)。

きちんとナプキンをかけてムシャムシャと鬼太郎を食べる妖怪さざえ鬼は、なんか可愛い。

ねずみ男が臭いのはいつものことだけど、今回はその描写がいつにも増して酷いな…と思ったらオチで納得。
そしてどこかで見たことのある風の神が。

脚本 武上純希 
演出 西沢信孝 
作画監督 兼森義則 
美術 鷲崎博
原画 稲野義信,兼森義則