久しぶりに強そうな妖怪が現れた。その名も「おりたたみ入道」。
でも子泣き爺に地面に封じ込まれ、あっさり敗北。と思ったら真の敵は別にいた。

ねずみ男のニセモノに化けていたムジナ。キャンタマ袋が破裂するという壮絶な最期を迎える。しかも女子に見られる始末。それで生きているのも凄い。

鬼太郎は偽物を弟と思っているねずみ男のため、ムジナに条件を出して見逃してやることに。それは弟であることを偽り続け、ねずみ男を「だましてやる」こと。
世の中には良い嘘もある、人助けのためなら女装もするさ。アンテナにリボンを付けて己を偽る鬼太郎は、TVの前のちびっ子に世の中の真理を教えてくれた。

スタジオジャイアンツのスタッフが関わっており作画は丁寧。特に猫娘の表情がいい。

脚本 武上純希
演出 芹川有吾
作画監督 入好さとる
美術 伊藤信治、金島邦夫
原画 新岡浩美,大森久美子,藤原ひろし