この回のお話は何てことないものです。自分のことを「俺っち」と言う素朴な妖怪ざしきわらしと老夫婦の心温まるストーリー。
貧乏神を追い出す為に鬼太郎が立ち上がる!最後は説得(圧力)で貧乏神を追い払い、めでたしめでたし。やまびことも呼ばれる妖怪」呼子」の訛りが絶妙。

やはり見どころは画でしょう。老夫婦と同じように誠実な作画。シンプルな造形を上手く活かしたような、ざしきわらしのポージング。
終盤における貧乏神のコミカルな動き。
クレジットを見る限りシリーズにおいて3話しか関わっていない井上俊之の貴重な仕事が見られます。

ぬりかべがお腹をさすってミカンを出す様が微笑ましい。

脚本 星山博之 
演出 今沢哲男 
監督 山本福雄 
美術 藤田勉
原画 山本福雄,平田かほる,井上俊之,芳賀信行