4話 ボルタ

タイムトラベル少女-マリ・ワカと8人の科学者たち-
第4話にして真理パパ登場。もっと後だと思っていました。

今まで会った異人たちは優しい人でしたが、今回のボルタは怖い?
カミナリ親父?そこまでではない。

ボルタが発明した電池。それにより動くスタンガンで助けられるボルタ。
まわりまわって自分を助けたことになるのか。

そして泡立てくん。完全に大人のオモチャにしか見えないヤツは、少女の顔に白濁液をぶっかけるという偉業を成し遂げ、殉職したのでした(死んでない)。

100均の電池は消費期限切れで漏電するぞワカ!

このアニメで人が撃たれるとか、ちょっとショックですが、ボルタは電池の発明だけでなく拳銃の遠隔操作も発明していたので、そのことと掛けているのですね。
というか真理が時間移動したのが少し早かったら、電気銃で撃たれていたのでは。

行方不明の父とアホの娘。どこかで見たなあ…と思ったら、『ひろなex.』でした。