このエントリーをはてなブックマークに追加
このエントリーをはてなブックマークに追加
はてなブックマーク - 境界線上のホライゾンⅡ 13話 感想その1
Share on Facebook
Post to Google Buzz
Bookmark this on Yahoo Bookmark
Bookmark this on Livedoor Clip
Share on FriendFeed
[`tweetmeme` not found]
[`grow` not found]

境界線のホライゾンⅡ
13話 「境渡りの欲深き者達」感想その1です。
ついに迎える最終回・・・。
そしてアルマダ海戦に決着が・・・。
合体ツヴァイフローレン2

空を落ちるマルゴット
その手を掴むナルゼ
箒のないナルゼ。
半竜(キヨナリ・ウルキアガ)に送ってきてもらったそうです。
「マルゴット、私、あなたを手伝わないから。
だからこれからは、一緒に行きましょう。
魔女の空を高く速く、飛びにいきましょう!」
新開発された強化機殻を召喚する二人。
ナイト「来てよね!“黒嬢”(シュバルツ・フローレン)!」
ナルゼ「来なさい!“白嬢”(ヴァイス・フローレン)!」
完成!!ツヴァイフローレン!!
お互い抱きしめ合いながら
第二形態へ。
「もっと押し付けて!」
胸があたって気持ちいいのよ!
かわってください。
双嬢(ツヴァイフローレン)について
メカデザインを手がけた川原智弘氏は
「合体ツヴァイフローレン2はズバリ!
Zガンダムに出てくるギャプランで良いなと思い
アクションもそんな感じにお願いしました」とコメント。
ギャプランはティターンズの可変モビルアーマーですね。
燃費が悪いところも似てる?

根強い人気がありますよね。
次々と敵の機体を墜とす双嬢。
復活したツヴァイフローレン。
そして二人のコンビも・・・。
勝利条件
武蔵としては、歴史再現しつつ勝ちたいのですが、
そのためには三征西班牙が撤退戦を行う形に
ならなければなりません。
しかし、三征西班牙の主力艦に後ろを取られてしまった武蔵。
これでは勝利条件が満たされない・・・。
そこでアデーレがとった策とは・・・。
なんか踊ってるアデーレ。
鈴の「面、白い・・・よ」はポーズのことかと
思いましたが、ちゃんとアデーレの考えを理解しての
発言だったのですね。
そして武蔵の宙返り!
派手に回っております。
なんかクジラみたい。

ここでの東とミリアムのやり取りもよかったですね。
母は強し。
でも、東を抱きしめるミリアムも
実は心細くて抱きしめられたかったのでしょう。
敵艦隊の後ろを取った武蔵。
ホライゾンの『悲嘆の怠惰』vsフアナの『嫌気の怠惰』!
勝利を望むホライゾン。
押されるフアナ。
しかし三征西班牙はチームワークで押し返します。
ボロボロのはずの白虎まで・・・。
見ている側はつい三征西班牙に肩入れしてしまいますね。
押し返されたホライゾン。
ネシンバラがシェイクスピアから「奪った」
『拒絶の強欲』を追加装備することに。
しかしそれには魂の駆動が必要で、
トーリに迷惑をかけるのでは・・・。
ためらうホライゾンにトーリは
「迷惑なんかじゃねえ」といい、
ホライゾンを後ろから支えます。全裸で。
「分からないのは嫌です」
「いいじゃねえか、もっと多くを望もうぜ!」
ホライゾンの目に光るものが。 
ここでAパート終了。