41話 ゼツボーグ
今回のゼツボーグ、カッコいい。

絵が描けなくなるゆい。はるかからの差し入れの箱が一瞬ドーナツを思わせ、SHIROBAKOを連想させます。中の人は絵麻だし。

ケーキを食べたあと、指をペロッと舐めて欲しかった…。

佳作というのも佳村はるかだから?なんか全部狙ってる感じがしました。

プリキュアになりそうでならない「じらしキャラ」としての地位を固めたゆい。これはこれで良いのかも。

真っ白なキャンバスにも理由があるのだから、作画の手間を省くには良い手法だな、と穿った見方をしたりして。

ストップ&フリーズの変ポーズは飽きないなー。ゆいちゃんはあの2人を描いてデッサンを学ぶべき。

「は!」のあとのディスピア様の顔も、「なんだあれ・・・?」と言いたげ。