6話 ターザン

3話に続き、ここたまがついて来てしまうパティーン。

脚本は金春智子。意外と大物が続きます。
「Dance with Devils」と「ここたま」。悪魔と神様を書いているのか。

ここたまの卵と本物の玉子が混ざってしまい、それをゆで卵にすると言った時は、本気でドキドキしてしまいました。いつかこんな日が来るんじゃないかと心配してたんですよ。
しかしながら、「変な子」こころちゃんが機転を利かせ、ピンチを脱出。ああよかった。

ゲラチョは安定のスルー。スベリ芸に磨きがかかった様子。

ここんぷいぷいここったま4連発は正直キツかったっす。

一之瀬くんの友達が、スクールカースト下位のオタクっぽい風貌なのが意外。
いや硬派な男はそういうグループなのかも。

宮本(空手男子)の声優が岡部涼音とあったので、女かと思いきや男でした。

占いは2回連続当たり!傾向が読めてきたぞ。
新しく出るここたまは、その回ではなく次の回で当たりになる。
・・・でも次でそのパターンを変えてきそうな気も。