34話 パフ アロマ

たまにモデルの仕事をしないと設定を忘れられるきららさん。

マネージャーがやけに色っぽくて、「ドキドキ!プリキュア」のDB(ダビィ)を彷彿とさせます。

赤い髪のスタッフ(編集者だっけ?)がやけに綺麗で印象に残ります。
カメラマンはイエス・キリストみたい。

ストップとフリーズが街を普通に歩いているのには驚きました。きららは一度通り過ぎてるし。

「春野はるかスマイル!!」の色紙に、みんなが寄せ書きしているわけですが、みなみの文章長い!
しかも末尾に「読めるかしら?」と書いてあって面白かったです。読めるか!

何気ないところでパフとアロマが普段は見せない表情をしているのも、印象的でした。
狙った可愛さというより、偶然の産物という感じ。
「でも結局カナタ様は見つからなかったロマ」のところのアロマとか。

カナタはてっきり敵側に寝返るのかと思っていましたが、記憶喪失パティーンか。
トワのバイオリンで思い出すのかな?「うっ・・・頭が・・・」とか言って。
 

司会者役の声優の「今村一誌洋」って「かずひろ」と読むそうよ。
34話 きらら