9話 

奥さんが話していた「ポリバケツの村」。
オチが語られないところが古畑任三郎の「赤い洗面器の男」みたい。

メインヒロインが恋愛関係において蚊帳の外って珍しいな・・・・。個人的にはぽぷらが主人公だと思っているのですが。

恋愛禁止令は一番最初の話で確かに言ってましたね。その後話題に出ることはなかったけど。

伊波さんが久しぶりに殴ってしまった時の顔とかポーズとか、すごく良かったです。

峰岸「一枝に殴られるのが一番気持ちいい!」
パンチにも威力以外の「質」みたいなものがあるのでしょうか。

その峰岸の名前が俳優の峰岸徹と同じ(漢字は違う)のは、ただの偶然なのかな。

小鳥遊母が帰ってくるという引きで終わったわけですが、メインビジュアルに堂々と描かれているので、どんな人か想像する楽しみがないのはどうかと思いました。