このエントリーをはてなブックマークに追加
このエントリーをはてなブックマークに追加
はてなブックマーク - 境界線上のホライゾンⅡ 第12話 『居場所の刃傷持ち』感想
Share on Facebook
Post to Google Buzz
Bookmark this on Yahoo Bookmark
Bookmark this on Livedoor Clip
Share on FriendFeed
[`tweetmeme` not found]
[`grow` not found]


境界線上のホライゾンⅡ 第12話 『居場所の刃傷持ち』の感想です。

アルマダ海戦でも武蔵vs三征西班牙のタイマンが
各場所で行われます。
 
本多・二代vs立花・誾
ホラ 二代 誾.png
「拙者、宗茂どのとは、せっくすした仲でござる」
二代の衝撃発言に、さすがの誾さんもショックを隠せない様子。
「夫の恥辱を濯ぎます」
頑張れ!人妻!!
負けるな!足りない娘!!
 
二代に偽腕を切り落とされた誾さん。
ゆらりと立ち上がり、不敵な笑みで本気モードに入ります。
その頬には涙が・・・。
 
「穿て・・・クアトロクルス
自身の腕を加工した、本気モードの腕に十字双剣。
そして、十字砲火(アブカルスクルス)による射撃。
追い詰められる二代は考えます。
「宗茂はどうやってこの敵を・・・」
 
見事な大立ち回りでアブカルスクルスを破壊し、
剣と槍の勝負に。
逆に追い詰められた誾さん。
自ら腕を切り離し、口にした言葉は「私が負けです」。
自分は負けたが、宗茂はまだ負けていない。
そんな思い故の言葉。夫婦愛です。
勝ち名乗りを挙げる二代。
不覚にも
「とったどー」を思い出してしまいました。
 
ノリキvsバルデス兄妹
投げるバルデス兄妹、殴るノリキ。
打者に当てといて「ットライーク!バッターアウッ!」とは
すごい投手ですね、妹・フローレス。
ところで、妹は下手投げなのですが、
コレ↓がモデルでしょうか?

 
シロジロvs隆包
いたたたたたたたたたたたたたた。
シロジロのジャリ銭攻撃は痛いです。
隆包のヘルメットにもヒビ入ってましたね。
そして、身を呈して副長を守る野球部員。
シロジロが敵役って感じでした。
しかしシロジロがあれだけお金を使って、
なんとかバット1本折っただけとは
副長の「身堅き節制・旧代」は凄いですね。
 
直政vs房栄
そしてメカ戦!
サンライズの真骨頂ということで、気合入ってました!
房栄の「道往き白虎」が、第1話に続き
またも直政の「地摺朱雀」を圧倒。
ホラ 朱雀 白虎.png
しかし、割れた地摺朱雀の機体から、
謎の少女の姿が・・・。
実は地摺朱雀は直政がOSとなり、
動いていたことが判明。
その妹が危機に陥り、地摺朱雀が彼女を守るため
ついに起動します。
地摺朱雀の能力・澤により「矛盾の湖沼」が作られ、
落ちていく房栄と「道往き白虎」。
房栄さん、目、開いてましたね。
 
というわけで、今回、20回くらい見返しましたが、
とにかく作画が凄い!
特殊EDも美しかったですね。
遂に倒れたラスボスの隠された過去が
今、明らかに・・・。
とりあえず色々ケリがついた、ということで
ついに次回、境界線上のホライゾンⅡ 最終話!