最終回だけどTBSアニメ恒例の軽~いお話。

13話 響 井上

冒頭、幼女響のムチムチ感がなんか良いです。

吉田は「よしき」という名前なのか。よしもとよしともみたい。
同人用(?)の漫画原稿を描いていますが、ネームも切らずに原稿に直接描くのか。

お化け屋敷に入った響が、偽物のお化けにだけ驚いているのは、なるほどと思いました。
ミラーハウスの360°メリーさんといい、記念写真といい、ネタがけっこう練られている印象。
オマケみたいな回に持ってくるのはもったいない気も。

山田兄弟、庭で寝るってテントも張らずに寝袋で!?
トランプする時、布団の上に座ってるけど、あの兄弟も風呂に入ったのかな?女子はパジャマだけど二人は着替えてないので、入ってなさそう。布団が汚いな~と思ってしまいました。(しかもメシアの布団)

「真ん中の布団の奴の所に霊が出る」と聞いて驚く井上。その時のローリング具合が良かったです。
井上が天井のシミを見て怖がっていましたが、『gdgd妖精s』の「おばあちゃん子」を思い出しました。井上だし。

目が覚めたら手をつないでいて、赤面になる百合エンド。なんとも爽やかな終わり方でした。

2期渇望!というわけではないけど、やったらやったで観るだろうな、という感じのアニメでした。