種割れ
5話 いつき

キャラクターの名前について、以前から由来を考えていました。
すばるは言わずもがなとして、あおいは髪の色、ひかるは星、ななこは北斗七星?
で、いつきだけ分からなかったのですが、まさか樹から落ちたからいつきとは・・・。

この作品はナンボでも見ていられますが、その原因の一つとして、あらゆる物のフォルムがまーるくまーるく描かれているということが挙げられると思います。

いつきが着替えているのを見たすばるがカーテンを閉めますが、その時のモコモコした膨らみが見るからに気持ちよさそう。
考えてみれば星も会長も輪郭も、全て丸っこいですね。
お姫様役に一票入っていた子の名前も「まるみ」だし。まるみて。
「ふさこ」で持田房子(42)を思い出して困りました。

ななこはたけのこが土から出るところを迫真の演技で演じていたそうですが、舞台でどうやるんだ?気になりました。

土星の輪っかは、あんな風になってるんだな。ひとつ賢くなりましたよ。
天文には興味がないというか食指が動かないのですが、この話は面白かったです。

何度も輪っかに飛び込んで虫食いにしたい。

穴ぼこだらけの土星。優しくしてあげてください。

『ろくでなしブルース』のマーシーもおでこの傷を隠してたっけ。

放課後のプレアデス コミカライズ Prism Palette (1) 特装版

学研からも単行本が出ます