最近『アルプスの少女ハイジ』を観ていて、「セバスチャンという名前なのに軽いキャラだな」と思ってしまいました。
セバスチャン=ダンディな執事というイメージが付いたのはいつ頃からなのでしょうか?

それはさておき執事回です。

15話 アロマ
インコが燕尾服着てる・・・。

ミス・シャムール「レッスンフェアリーパワ~」
効果が現れるまで時間がかかるところに、企みを感じます。

白金「ぞうきんは絞りなさい」
ビチョビチョの窓に笑いました。

執事ゼツボーグ、見るからに今までと違って強そう。
「ゼツ・・・」声も格好良い。

ロックは意外とお尻がセクシーです。

ゼツボーグvsキュアフローラの肉弾戦は凄かったですね。
よろめきながら大股を開いて立ち上がるフローラ。背後の殺気を感じ、バク転で交わしながらドロップキック・・・かと思いきや、ひねりを加えて回転キック。
まるで春麗。

それを片手で弾くゼツボーグ。吹っ飛ばされるキュアフローラの姿は、太ももしか印象に残りませんでしたが、見返してみるとふくらはぎもバキバキで凄い。

手数の多いアクションとスピード感は、そこらのカンフー映画よりも迫力がありました。

プリキュア・トリニティリュミエールでロッドを円を描くように振り回しながら
「は~~~~~~!」というところは、何度見てもほっこりします。
子供が真似しやすいように考えられていますね。

Go!プリンセスプリキュアのグッズを見る⇒