このエントリーをはてなブックマークに追加
このエントリーをはてなブックマークに追加
はてなブックマーク - ローリング☆ガールズ 9話「夜の盗賊団」 感想
Share on Facebook
Post to Google Buzz
Bookmark this on Yahoo Bookmark
Bookmark this on Livedoor Clip
Share on FriendFeed
[`tweetmeme` not found]
[`grow` not found]

9話 ちー
タコ姿を見られて焦っている千綾ですが、みんな変身するものだと思っているんですよね。
それなら汗をかく意味がわからないのですが、裸を見られて恥ずかしい的な心境なのかな?
人に見せちゃいけないと言われてるみたいだし。

その千綾は宇宙人、つまり月へと帰るかぐや姫・・・のような存在でした。なんか竹が多いなーと思っていたら、そういうことだったんですね。
大伴というキャラは、かぐや姫に想いを寄せる貴公子のひとり、大納言大伴御行。籾山が人力車を引いているのは、車持皇子と掛けているのではないかと推測。

ばん子が久しぶりに出てきて嬉しい!けどラストは4話構成らしいので、これで最後かも。

桃を皮ごと食べるって凄いな。

民家の隣にキャンプ張るのも凄いな。

「籾山おじさんだもん!」は笑いました。そりゃ友達としては嫌だよね。

「プラネタリウムみたい」は『夜の盗賊団』の歌詞からの引用ですが、砂のお城を出してきたのも『THE ROLLING MAN』からの引用でしょう。

関所の後のシーン、お好み焼きの店の名前が「まえ剣」になっているのが意味不明でしたが、そういえばカープにマエケンっていましたね。

大きいヘラで戦うって、右京じゃないんだから。

宮島にも鹿がいるそうですが、鹿の再登場はあるのでしょうか!?