12話 サターン

ブラックアソビン(センター先生を黒くしただけ)により、卒業に必要なメダルを奪われてしまったセハガールたち。

メインタワーの各フロアに待ち構える刺客は、人気声優のサインに釣られて操られたというのだから凄いですね。

その道のりについては、文章(ひらがな)と画像のみで紹介されるだけなのですが、なんか呑気な印象しか受けないのですが・・・。
サターンのポロリ見せろよ、ポロリ。

『スペースハリアー』がアーケードゲームとして登場したのは1985年だそうで、今まで取り上げたゲームの中でも一番古いですね。
最後に筐体を持ってきたところに、メッセージを感じます。

関係ないのですが、『スペースハリアー』に似たゲームで、女子高生が出てくるのがあったような気がして、探してしまいました。
『アタックアニマル学園』でした。

正直言って、卒業できるとは思わなかったなあ・・・。
結局最後に「ダメでした~」となって、続編を期待させるオチかと思ったので。全員のメダルが100枚ちょうどになるところがニクいですね。

それにしてもEDでメガドラが踊ったのには驚きました。しかも完璧に。
こういうのはちょっとずつ踊れるようになるものじゃないんかい。なんか淋しいやんけ。
公式のおまけによると、日々上達していたそうです(本人曰く)。