8話

アニメ「セハガール」8bit『輝け!第54 回!脳天直撃!ポロリはないけど、ポロリ青春 限界のバリアを打ち破れ!セハガガ学園文化祭!』。
何度読んでも意味がわかりません。

前回の次回予告を見て、他のセハガールが大集合?と期待していました。
しかし、残念ながらというか、やっぱりというか、出てきませんでしたよ。ですよねー。

「gdgd」や「てさぐれ」とは違うイラストレーターを使っていますが、毎回変えることに何かこだわりがあるのでしょうか?
「バカドリル」で、一冊の中にいろいろなタッチの絵がある・・・みたいな感じかな。

ゲームギアのバッテリーの弱さを「3時間目で早退する」と例えるセンス。
今やTVが見られる携帯端末は珍しくないですが、特に見たい番組がないというのも皮肉ですね。
「セハガール」とは関係ない話ですが。

パウエルのインパクトは、ずるい。×100
メスゴリラに負けてないと思う。

 

【総評】
前回のような手の込んだダイナミックなエピソードも良いですが、このような小ネタ集も好きです。