キルラキル 10話 蛇崩
ツッタカター ツッタカター ツッタカタッタッター♪
蛇崩乃音の入場シーンは西川のりおを思い出しました。

骨の指揮棒やショッカー服がいいですね。

大きな「奏の装・グラーヴェ」はガンダム試作3号機(デンドロビウム)を彷彿とさせます。
女の子とモビルアーマー(じゃないけど)の組み合わせは相性が良いと思います。

鮮血が広がって叩きつけるのは、「どっかで見たなぁ・・・」と思ったら、『幽遊白書』で桑原が霊剣を広げて戸愚呂(兄)を叩きつけたアレでした。鮮血の方がもっともっと大きいけど。

戦いの合間に外野で余興をするのは、アニメ『キン肉マン』のキン骨マン・イワオ・五分刈り警部みたい。
ああいう尺稼ぎを伝統美としてパロディにしてる印象を受けました。

皐月と蛇崩乃音はもっと深い因縁があるのかと思いきや、単に幼馴染なだけだったのか。
価値観を変えたということはあるかもしれないけど、乃音が言うほど強い絆というわけでもなさそう。

で、犬牟田の三つ星極制服はどこに行ったのでしょうか?

>>トリガー 2013 新作アニメ『キルラキル』 関連グッズ

蛇崩乃音コスプレ衣装 最安値情報はこちら