のんのん 8話 スケッチスイッチ
ちょっと教訓じみたコメディでした。

背伸びをしておしゃれをしたり、J-POPをCDで聴くよりも、干し柿を作ったり、野山でスケッチしたりする方が、今っぽい感じがします。
ロハスとかイングリッシュガーデンとか家庭菜園が素敵なものとされる現代において、小鞠が普段から行っていることが、実は一番トレンディだったという皮肉。

「おじさんが柿を送ってきた」と言っていたけど、柿なんて越谷家の近くにたくさんありそうだけどなー。

兄ちゃんのギターはリフから想像するに、中二病アニメのOPっぽい感じがしました。
まさか「弾いてみた」に投稿してないよね?

「今回はここまで」が変わったぞ!イヤッッホォォォオオォオウ!

既刊6巻のうち飛ばし飛ばしとはいえ、ついに5巻の話まで消化してしまいました。
2期があるとしても遥か未来でしょうね。これからは1話1話を噛み締めたいと思います。

「のんのんびより」関連グッズまとめサイトはこちら