このエントリーをはてなブックマークに追加
このエントリーをはてなブックマークに追加
はてなブックマーク - キルラキル 7話 「憎みきれないろくでなし」 感想
Share on Facebook
Post to Google Buzz
Bookmark this on Yahoo Bookmark
Bookmark this on Livedoor Clip
Share on FriendFeed
[`grow` not found]

キルラキル 7話 流子
今回のカットで一番好きなのは↑ここです。

弁当のシーンで大きな鎖の上に座っていますが、
「中庭のチェーンはコールテン鋼といって表面を錆びさせることでそれ以上さびないようにさせているものを描いております」(キルラキル美術監督:金子雄司)とのこと。へー。

卓球部部長「河豚原 愛善坊」はEDクレジットで「前田愛善坊」になっていましたね。さすがに実名はまずいということで変えたのでしょうか?

エンディングテーマ「ごめんね、いいコじゃいられない。」が流れる中、
流子「今度あんなことしたら容赦しないよ!」という決め台詞があるのですが、
そのあとすぐ「どんな忠告も耳をすり抜ける♪」という歌詞が来ます。
これは狙っているのでしょうか?凄いタイミングだと思います。

薔薇蔵と又郎は共に「でべそ」でしたね。でべそも遺伝するのでしょうかね、まさか。

又郎の取り巻きの女の子や野球部など、いたるところに犬がいます。
「キルラキル」と言えば犬とウサギですね。

マコの中の人は「たまこまーけっと」のたまこですが、バトン部は出てくるのでしょうか?

キルラキル 7話 まこぱんだ。

>>トリガー 2013 新作アニメ『キルラキル』 関連グッズ