ゆゆ式 7話 チョップ

ゆずこって実は人が苦手そうだなぁと思うのですが、子供の頃はどんな感じだったのでしょうかね?無口で人見知りする子だったのでなないかと予想。

さて今回は唯+誰かという話。

縁は唯と二人きりの時、いつもより遠慮がないというか気が置けない感じ。部屋に入るなり「暑い」と言ったりコートを渡したり、ベッドで寝たり。
ゆずこがトイレに行った隙に唯の指を触る縁が可笑しい。

縁がぺちぺちしたところに、ゆずこが被せてくるのは珍しい気がします。これも正月SPか。

そして問題の「お豆」ですが、言わないところに魂を笑いに売っていない感じがしました。まだ人間でしたね、残念。安心。
ゆゆ式 7話 唯ちゃんのお豆

唯からしたら3人でいるときよりも2人きりの時の方が疲れそう。どっちといても。

ゆずこは頭の回転が速いですが、遅くすることもできるようですね。胆力があるというか。
発想は飛躍させるより掘り下げる方がしんどいと思うのですが、当たり前のことを改めて言うというのもなかなか難しいのではないかという気がします。
ゆゆ式 7話 当たり前

コミックス詳細はこちら
ゆゆ式グッズ 情報処理部