このエントリーをはてなブックマークに追加
このエントリーをはてなブックマークに追加
はてなブックマーク - ゆゆ式 6話「初雪なべ」 感想
Facebook にシェア
[`google_buzz` not found]
[`yahoo` not found]
[`livedoor` not found]
[`friendfeed` not found]
[`tweetmeme` not found]
[`grow` not found]

ぽてと
ゆゆ式 6話 おかーさん 笑顔

アニメ『ゆゆ式』第6話「初雪なべ」の感想です。

どんな言葉を持ってくるか、どんな数字、量を選ぶか・・・というところにセンスが現れるのでしょうが、「ポテト」はなかなかのチョイスですね。

原作(2巻)ではカタカナの「ポテト」とひらがなの「ぽてと」の両方が出てきます。
断然「ぽてと」の方が可笑しいと思うのですが、どうでしょうか。

ポテトは何曜日か。
難しい問いですな。

「みつ」ですが、アニメを見ているときは「蜜」という字を思い浮かべていました。原作(2巻)を確認し直すと「密」の方でした。

鍋のエピソードで唯が連続ツッコミするところ、原作(3巻巻頭)とは立ち位置が逆なんですね。(原作はコマの左側に唯)

元がカラーだからアニメにする際にはちょっと変えようという趣旨でしょうか?
ゆゆ式 6話 ナベはっ!!

音声読み上げソフトのモノマネって初めて見たなぁ。ちょっと感動。

遡って、雪の魂の話は1巻。前半から冬のエピソードを抽出しているようです。
ゆずこのキス顔が原作より変態っぽくて良かったです。

雪に乗ってこの世に現れた神様。アニメではちょっとロマンチックな演出になっていましたね。
「パーン」⇒終了。というオチの原作の方が好きでした。

 

単行本コミックスの内容を1ページずつ書いてみたページはこちら

『ゆゆ式』関連グッズはこちら

 

あ、アイス2Lのデカイのあるけど?
002