このエントリーをはてなブックマークに追加
このエントリーをはてなブックマークに追加
はてなブックマーク - 這いよれ! ニャル子さんW 2話「セラエノ図書館戦争」 感想
Facebook にシェア
[`google_buzz` not found]
[`yahoo` not found]
[`livedoor` not found]
[`friendfeed` not found]
[`tweetmeme` not found]
[`grow` not found]

アニメ『這いよれ! ニャル子さんW』(第2期)第2話「セラエノ図書館戦争」の感想です。
ニャル子w OP 放る
まずOPですが、クー音と八坂頼子(真尋の母親)の爆弾の放り方が好きで、そこばかり繰り返して観てしまいます。「いらない」って感じの素っ気無さがイイ。ハッ

さて、今回も『図書館戦争』や荒井由実(あの日に帰りたい)など、節操なくパロディしまくりですが、それは置いといて些細なことが気になりました。
ニャル子って本当に文字通り「への字口」をするんだなぁ。
ニャル子w 2話 へ

最初はパースがついているだけかと思ったのですが、よく見ると正面から見たときも左右非対称。まさに「へ」の形なんですよね。これ、以前からそうなのかな?

わざとだとしたら笑うところなのだろうか。それともただ単に、表情をつけるために歪ませてるのでしょうか?頭固いっすかね。

ちょっと宇宙のことでも考えます。
宇宙 ニャル子w 2話

 

⇒『這いよれ!ニャル子さんW』Blu-ray BOX 限定特典付き

⇒這いよれ! ニャル子さん 名状しがたいグッズ情報はココ