ゆゆ式 1話 唯 ゆずこ
アニメ『ゆゆ式』第1話の感想です。

原作漫画は単行本が出れば必ず買うくらいには好きなのですが、読むたびに何かモヤモヤしたものが残っていました。

まず、ユーモアがかなり作者の感性に依っているため、ネタによっては一瞬意味が分からないことがある。
そして作者がおそらくシャイな人で、読み手にも照れが伝わってくる。

以上の点から、体臭の漂う漫画という印象があります。
アニメ化されるとデオドラント化されて、クセがなくなった感じ。

唯とゆずこの中の人は「ゆるゆり」の結衣とちなつなわけですが、
「ゆい」という名前はハンサムの代名詞になってるのでしょうか?中性的な感じはしますが。

ところで原作を読んでいるにもかかわらず、中学なのか高校なのか分からないでいましたが、高校生だと判明してスッキリ。

ゆゆ式 1話 縁 髪を押さえる
「ゆゆ式」の「ゆゆ式」らしさは縁(ゆかり)の「かぶせ」にあると思うので、今後はそのあたりに期待しています。

そして同じ時期に放送される「あいうら」とキャラクター配置がそっくりということで、自分の中では「ゆゆ式」vs「あいうら」は今クール期待のカード。

まんがタイムきらら最新号の付録や、コミックス詳細情報もあり。
⇒ゆゆ式グッズ 情報処理部はこちら