俺妹 2期 1話 桐乃
思いのほか切ない始まりの「俺妹」2期1話。
原作最終巻も発売されるということで、終わりの始まりのはじまりはじまり~。

冒頭、お風呂に入ってるのはチビ京介。
あの夢は回想?妄想?
とりあえず京介はあまり変わってないですね。

現実世界にて。
桐乃にそっとお中元で貰ったような小さいジュースをあげる京介。
しかし、せっかくの好意を「いらなーい」と跳ね返す桐乃。この瞬間、気持ち良いんだろうなぁ。

外国まで迎えに行ったにも関わらず、前と関係が変わらないことに釈然としない京介。
悩みはそれだけではない様子…。

悩みを相談した相手は幼なじみの麻奈実。
この頃アニメを観てよく考えることが、「幼なじみはなぜ負けるのか?」ということなのですが、
やはり運命の相手が幼なじみというのは、近場で手を打っている感じがするからでしょうか。
ガンダムシリーズも必ずと言っていいほど幼なじみは負けるし(ファは不戦勝)、
「俺修羅」の千和もあんなに健気なのに勝てないし。

個人的に幼なじみには勝ってほしいので、麻奈実のことを考えると切ないんですよね。まだ結末を知りませんが。

さて、学校に復帰する桐乃は皆に囲まれて、再会を喜びます。ちょっと疲れているようにも見えますが。「オタクうぜー」と言われていたやつらも登場して、なんだか嬉しいな。

一方、部室で二人きりの京介と黒猫。
やけに後ろのポスターの主張が激しいのですが、2010年って書いてあるため、一瞬「今っていつ?」と思いました。物語開始時が2011年なので単に昔のポスターが貼ってあるだけですね。

黒猫を意識する京介と、表情の読めない黒猫。しかし校舎裏でのチュー(呪い)のことを聞くと…。
俺妹 2期 1話 黒猫
動揺しまくりの黒猫、いやさここは五更瑠璃ちゃんとお呼びしましょうか。大きいお目目をパチパチさせて困り顔。
なにか言おうとしましたが、突然現れた赤城瀬菜に遮られてしまいました。
瀬菜のケータイって、意外にシンプルですね。好きなキャラがデザインされたケースで飾ったりしてるのかと思ってましたが、そこは隠しているということでしょうか。

以前黒猫に、あなたの妹があなたのことを好きなくらいには好きと言われた京介。なにを血迷ったか、桐乃に電話し、自分のことをどれくらい好きか聞きます。桐乃、すぐ電話取ったね。
ウザイとか言われた京介、夕陽が似合うぜ…。

部室にも顔を出さず、悶々とする京介が桐乃に言った言葉は
「もう俺に人生相談とか無いの・・・?」
それに対する桐乃の「どうだろ?」というセリフが良いですね。
この時、桐乃は何を思っていたのか…。

部屋に戻った桐乃は鼻歌まじりでキーボードを叩いています。逆に京介は、倒れこむようにベッドへ。この仕草、うまいな~。

目をつむったと思ったら、いきなりはたかれた!
桐乃がカーテンを開けると眩しい光が。長いイントロが終わり、始まりの予感。
なんだかデジャヴを感じる場面で桐乃が口にしたのは「あんたお待ちかねの人生相談♪」
待っていたのはむしろ…。

「あーきはーばらー!」
この瞬間、本当の第2期が始まった気がしました。

俺妹 2期 1話 おお~
秋葉原で豪遊する桐乃。「メルル」のPVを見たり、昨夜作った買い物リストを回ったりと絶好調!
何十万円使ってるんだ?フィギュア棚を指して「ここからあそこまで全部ください!」って、20体はありますがな。思わず「えっ?」ってつぶやいてしまいましたよ。
エロゲータワーのところは一つずつタイトルを確認してしまいますね。まあ、一応ね…。

しかし、これだけネット通販が広まると、「オタク=アキバ」という構図も若干古臭く感じますが、桐乃はちゃんと通販でも頼んでいました。おみそれしやした。

荷物を運ばせるだけ運ばせといて、「もういいから」と部屋から追い出す桐乃。この時京介をチラッと見てます。
突き放された京介が自室に戻ろうとしたところを見計らって声をかけるあたり、計算してやがんなぁ、桐乃は。アメとムチを使い分ける女。でもエロゲーがアメになってるかどうかは微妙?

黒猫 白ワンピVer.
EDというかOPでは麦わら・白ワンピ黒猫キター。神猫はよ。

それにしても声優が豪華なアニメですね。「アルファ=洲崎綾」たまこ役の声優さん、最近結構目にするなぁ。夏の「ロウきゅーぶ! SS」にも出演するし。

あと、やはり絵柄の変化ですが、線がシャープになって原作イラストに近づいた感じ。
改めて1期序盤の絵を見ると、少し野暮ったく感じます。時間がたったんだなぁ。

最後に、予告の酷さに笑いました。

6月19日(水)発売Blu-ray/DVD(完全生産限定版)の店舗特典に関する情報もあります。
⇒俺の妹がこんなに可愛いわけがない(俺妹)グッズ情報はこちら