たまこまーけっと 最終回 たまこ
1話からずっと、「この作品は京アニの顔になるのか?」と思いながら観ていたわけですが、とりあえずデラのキャラは立っていましたね。ジブリ映画の最初にトトロが映りますが、デラってそういう役割を与えられたキャラクターなのではないでしょうか。

たぶん定期的に続編を作るつもりなのだろうと思っていたので、デラが帰れなかったのも、やっぱりそうかと。恋の結末もつかず、次に引っ張るような感じですし、商店街の面々も詳しく描かれていないので、そのうち2期をやるのだろうと思います。

正直あまり盛り上がらなかった印象ですが、ところどころ見るべきものがありました。そのあたりは作画やレイアウトに顕著に現れていました。
特にちょっと走ったりステップを踏むような軽い動きに、「んっ?」と引っかかることが多かったす。臨海学校で、たまこが花火を見に行く際、部屋から出て行く(「なにしてんの」というところ)カットなどは気持ちいい動き方でした。

前作『中二病でも恋がしたい!』がけっこうエフェクト使ったりして凝った映像作りだった上に、終盤のストーリーが重かったため、次作の『たまこまーけっと』は軽めだったのかな。

あと、「女性の考える可愛さ」ということも興味を持って観ていました。台所のインテリアとか、制服とか。台所については、流しが広くて使いやすそうでしたね。レトロな作りもおしゃれですし。

『中二病でも恋がしたい!』も続編が制作されるみたいだし、次に期待です。

たまこまーけっと Blu-ray最安値他お得情報