このエントリーをはてなブックマークに追加
このエントリーをはてなブックマークに追加
はてなブックマーク - 苺ましまろ 第5話「そいね」 感想
Share on Facebook
Post to Google Buzz
Bookmark this on Yahoo Bookmark
Bookmark this on Livedoor Clip
Share on FriendFeed
[`tweetmeme` not found]
[`grow` not found]

苺ましまろ 5話 割り込む美羽
アニメ『苺ましまろ』 第5話「そいね」の感想です。
「りぼんぬ」が「らぽん」になってる…。
他にもいろいろ原作改変が目立ちます。特に笹塚のとこ。
なんか「これ付け加えておきましたーっ!」「それがいらねえんだよ」って感じ。

さて、内容はギャグマンガにつきものの「いい話」。
お調子者の美羽が、アナばかり可愛がる伸恵お姉ちゃんに邪険にされ、泣き出すところは
原作を読んでいた時から印象に残っていました。ひょうきん者は傷つきやすいんですよね。
美羽に感情移入してしまう自分ってどうなんだろうと思ったりして。

スーパーで「キャベツ愛知県産」と書いてありましたが、愛知県はキャベツの名産地なのです。この作品の舞台は浜松なので、おそらく渥美半島…田原あたりで収穫されたものでは。

原作漫画だとこの頃はまだ絵が洗練されていないので、そういう意味ではアニメもいいですね。

この回以降、美羽のトラブルメーカーぶりが加速する気がします。笑いに魂を売った、覚悟のようなものさえ感じるのです。

アニメ「苺ましまろ」DVD3枚組セットはこちらで購入しました。
⇒【送料無料】苺ましまろ DVD-SET