「月に代わってgdgdよ!」
gdgd妖精s(ぐだぐだフェアリーーズ)2期第10話の感想です。

gdgdティータイム 「キャンプ」

サラサラ、ファファ、クルクルも揃って、6人で改めて自己紹介。
ファファの発音って、「ファーファ」なんですね。

テンションの上がったクルクルが動くたび、隣のキノコが揺れます。視線もそのままに、何も言わないコロコロ。
gdgd妖精s 2期 10話 コロコロ&クルクル

親睦を深めるため、キャンプに出かける6人。
サラサラというツッコミ役が増えたからか、この回のピクピクは身体を張ってボケます。お尻に火がついて走り回るピクちゃん、まるでツッコミから開放された喜び爆発とばかりに、大暴れ。
ところでこの火、家や魚があっという間に燃えるのが不思議。

しっかりものだと思われていたのに、化けの皮が剥がれてしまった時のあの感じ…。ピクちゃんの心中お察しします。

メンタルとタイムのルーム 「妖精運動会」
 
運動会ということですが、やはり普通の運動会ではありません。
砂漠のコースには様々なトラップ、そして迫り来るワンワン(マリオから)。友の犠牲を背に、走れピクピク!

gdgd妖精s 2期 10話 サラサラ×ピクピク
さてサラサラ×ピクピクですが、中の人が同じというのも奇妙な感覚ですね。『リトルバスターズ!』の葉留佳×佳奈多を観ている時も思うのですが、ついアフレコ現場を想像してしまいます。同時に録ってるとしたら面白いな~って。

結果は案の定、ピクちゃんが最後まで残ることに。
巨大ワンワンの腹の中に皆いたということは、空間が繋がっているのでしょうか?あと、穴が肛門みたい。しわしわ。

予告はコロ浦さん。「今クール枠」があるのかな?

房子「アルバムCD発売中」グチャッ
⇒「gdgd妖精s」Blu-ray / DVD、CDの詳細はココ!