このエントリーをはてなブックマークに追加
このエントリーをはてなブックマークに追加
はてなブックマーク - あいまいみー 第10話「犬型」感想
Share on Facebook
Post to Google Buzz
Bookmark this on Yahoo Bookmark
Bookmark this on Livedoor Clip
Share on FriendFeed
[`tweetmeme` not found]
[`grow` not found]

アニメ『あいまいみー』 第10話「犬型」の感想です。

一番のお楽しみとなっている『あいまいみー』。
あからさまに異常なものを見ると、自分の中の正常さがきちんと作動し始める気分になります。

冒頭のペロペロで竹書房のビルが映りますが、あんな感じなんだ。まさに中堅出版という感じのビル。

学校に犬が来るとテンションが上がるということで、それを応用して落ち込んでいる人のもとに犬を送り込むことを思いついた麻衣。
悲しみの連鎖を断ち切るため野犬を街中に放ったところ、街は悲しみに包まれました。野犬の中に作者としばいぬ子さんがいます。仲良し。

野犬の群れが散らばる時、壁に向かって突き進む集団がいましたが、やはり壊していったのでしょうか?

ところで生しらすの作画が気持ち悪いですね。あれけっこう手間がかかっているのでは。

あいまいみー 第10話「犬型」
さて、犬の散歩に出た麻衣とミイは、沖縄を越えてはるかニュージャージーにたどり着きます。もしかして、西回りで行ったのか?

今回のエピソードは単行本2巻に収録されています。
⇒アニメ「あいまいみー」DVD最安値や関連情報はこちら

ニコニコ動画で視聴していると、本編終了後のしばいぬ子さんのCMも楽しみ。
今回は「熊本県営業部長くまモンだモン!!」のCMですが、この話の後だと逆効果のような気がするのですが。