なんというサービス回!アニメ『琴浦さん』 第8話「デートじゃないもん」の感想です。
琴浦さん 8話 あえぎ声
前回、真鍋が琴浦さんにあげたプレゼント。中身はロケットペンダントでした。
もうオチは読めますが、やはり中には残念な写真が。
「ふぬ!」10円玉を曲げるように写真を曲げる琴浦さん。

季節は10月。今日から衣替え。何か妙だと思ったら、このシーン顔が映ってないんですね。
待ち合わせに現れた琴浦さんは、トローンとした真っ赤な顔。「らいよーむらよ」どう見ても風邪です。

時間が経過し、夕暮れ。このカットで鳥の形が顔に見えるという、細かいネタが。
↓こういう写真、いくつかありますよね。
鳥が顔に見える 鳥が顔に見える2

放課後、お見舞いに来たESP研。
夜まで付き添うという真鍋に、森谷ヒヨリは怪訝な顔。
真鍋「馬鹿言っちゃいかんですよ。僕は紳士だよ」
室戸「言葉って薄っぺらいよね…」
窓の外から遠くを眺める室戸は、話し合いで平和が訪れない現実を憂うのでした…。

「変なこととか考えてないよ、ちょっとしか」という真鍋。
本当に邪な気持ちを抱いていないか、チェックする琴浦さん。
見えた映像は…。なんだこれ?
琴浦さん 8話 グレー
何かのアップかと思ったけど、よく分からない。グレーの部分が「ちょっと変」な部分ということかな?体調が悪くなると、心を読む能力も弱くなるようです。
どうもおかしいと、御舟百合子もしかめっ面。

琴浦さんが能力を失ったことに気づいた真鍋は、千載一遇のエロチャンスに妄想全開!

しかし、琴浦さんが恥ずかしがらないことに物足りなさを感じてしまうとは。病気はそこまで進んでいましたか。

琴浦さん 8話 寝る春香
弱っている時、人恋しくなるものですが、夢の中で母親に甘える、幼き頃の琴浦さん。
あんな広い部屋で一人で寝てたんだ。寂しくなかったのかな。

優しかった頃のママを思いだし、枕を抱く琴浦さん。そこへお粥を作ってくれた真鍋が。
街中を走って邪念を振り切ってきたそうです。大変ですね。
しかし、そばにいて欲しいという琴浦さんのお願いを断れるはずなく、欲望と戦う真鍋の理性。重ね重ね、ご苦労様です。

風邪も治り、部室に来た琴浦さん。一方、真鍋は真っ白に燃え尽きたぜ…。
ああそれなのに、やはりエロスを妄想していたことがバレ、お仕置きされる真鍋でした。「モリ!!」

ここで驚きの事実が。風邪は治ったのに、心を読む能力は戻っていないようです。
室戸がチラッと顔を見ると、御船部長は何かを考えているようです。

罪滅ぼしに、琴浦さんの好きな場所に連れて行くことに。
これって、デート?でも琴浦さんは顔を真っ赤にして否定。あくまで罰!そうですよね。

このアニメ、赤面すると熱した鉄のような色になりますね、鍛冶屋みたいな。本当に熱そう。

さて、洋服を見る琴浦さんですが、連れのおかしな行動におかんむり。でも和スイーツで機嫌を直してくれました。店員って「たまこ」の洲崎綾さんなんですね。

次に訪れたのは、映画館。琴浦さんは能力を失っている今、ここに来たかったそうです。理由は…なるほど。

ところかわって室戸の家。
琴浦さん 8話 百合子 ベッド
百合子「あー、暇だー。ヒマヒマー」
こっちのカップルは、初々しい時期(あったのだろうか?)を過ぎて、すっかり落ち着いちゃってます。
御舟百合子はやはり、琴浦さんの異変について、思うところがあるみたい。

室戸の母親が百合子に、「ご飯食べてって」と言いに部屋に来ましたが、絶対偵察ですよね。

さて、デートは順調に進んでいるようです。
前回も出てきたレストランで食事したり、ネコを見て和んだり、ジョン・ウーよろしく鳩まみれになったり。
そして、プリクラで撮った写真をロケットに入れて、やっと真鍋からのプレゼントは完成したのでした。楽しいデート(じゃないけど)になって良かったですね。

…と思いきや、突然琴浦さんの頭を巡るフラッシュバックが!
琴浦さん 8話 フラッシュバック
どこかの女学生が鈍器で殴られる映像が、頭の中に入ってきたせいで、琴浦さんは倒れてしまった!
すれ違った白シャツの心の映像なのでしょうか?
まさかの引きに、どうなるのか気になります。

服装を見るに、次回予告で出てきたソバカスが犯人なのかな?
次回第9話「まわりにはみんなが」
エロスは通常通り…って、それが一番の驚きです。

関連記事:琴浦さん 第7話「この世界に私は」 感想
関連記事:琴浦さん 第6話「夏休み!」 感想
関連記事:琴浦さん 第5話「学園天国?」 感想
関連記事:琴浦さん 第4話「変わる世界」感想
関連記事:琴浦さん 第3話「嬉しくて、楽しくて」感想
関連記事:琴浦さん 第2話「初めての……」 感想
関連記事:琴浦さん 第1話「琴浦さんと真鍋くん」 感想

  ブログランキング・にほんブログ村へ