このエントリーをはてなブックマークに追加
このエントリーをはてなブックマークに追加
はてなブックマーク - 苺ましまろ 第1話「バースディ」 感想
Share on Facebook
Post to Google Buzz
Bookmark this on Yahoo Bookmark
Bookmark this on Livedoor Clip
Share on FriendFeed
[`tweetmeme` not found]
[`grow` not found]

苺ましまろ 1話 伸恵
昨年末発売された「苺ましまろ」TV DVD_SETとOVA DVD_SETをネットで購入しました。
詳細はこちら

苺ましまろ 箱苺ましまろ パッケージ 2つ

こちらは2011年に発売された“RONDO ROBE SELECTION”シリーズ低価格DVD-SETと同じものです。

内容はシリーズ全12話をDVD3枚に収録、オーディオ・コメンタリーはありません。
苺ましまろ TV SET 中

では2005年に放送されたTVシリーズ第1話「バースディ」の感想です。

静かだなぁ。とっても静かだ。
BGMがほとんどなく、鳥のさえずりや飛行機のジェット音、自販機でタバコが落ちる音が聞こえる。

レゲエから発祥した「DUB」という音楽手法がありますが、このアニメはさしずめアンビエント・ダブ・アニメとでも言いましょうか、間白を読むような作品です。

原作では一つ一つのアイテムが、商品名が判明できるくらい詳細に描かれており、背景に人物が埋もれているような印象を受ける時がありますが、
アニメでは背景は柔らかい色使い、輪郭線がハッキリしないような線で描かれています。そのため人物がクッキリとした印象です。
苺ましまろ 1話 美羽と千佳
間をタップリ使うことは、後半のハリセン応酬で活きており、ツッコミの切れ味を鋭くさせるのに一役買っています。余計なBGMを排除しているため、ボソッと言う台詞も聞こえます。

閑さや岩にしみ入る蝉の声

女の子たちのうるさい声が逆に静けさを引き立てている印象も受けました。
原作は笑いに重心を置いているため、もう少し緊迫感がありますが、アニメ版の方は情緒があります。

ところでアイキャッチの栗コーダーポップスオーケストラっぽいBGMに時代を感じました。2000年代始め~中頃の
「あずまんが大王」や「ぺとぺとさん」を彷彿とさせるような。
「癒し系」という皮を被った狼とでも言いますか、ちょっとヒネった佇まいの作品がちらほら見られた時期だったような気がします。

 

【送料無料】苺ましまろ [ 生天目仁美 ]

【送料無料】苺ましまろ [ 生天目仁美 ]
価格:6,615円(税込、送料別)


人気ブログランキングへ
ブログランキング・にほんブログ村へ