アニメ『ソードアート・オンライン』 25話「世界の種子」の感想です。

 

ついに最終回!そしてまた出てきてくれました、須郷さん。

スゴーさんがいたからALO編は見続けることができたと言っても過言ではないでしょう。

出ないときもその存在を感じていましたよ、ナメクジとかの背後に。

 

前回、あれだけ痛めつけられたのに、また出てきちゃって、あ~あ。

カッコつけて登場したはいいけど、案の定リアルでも返り討ちにあっちゃいました。

そしてその後は、あまりのショックに白髪に。マリー・アントワネットですか?

取り調べを受ける情けない姿は最高でした。カツ丼頼んでやってくれ。

sao 25話 スゴー取り調べ

 

 

SAO後半を盛り上げてくれたスゴーさんに対し、つまんないのが茅場。

あいつはさんざんひどいことしといて、最期は脳を焼き切って自殺とか・・・地味。

なんだその白衣。

 

さて、和人と明日奈は無事リアルでも一緒になり、ALOも他社に引き継がれ、

スゴーさんは冷や飯を食い、ザ・シードによって世界中でVRMMOが運営される・・・と

物語は一応結末を迎える形になりました。

 

残るは妹・スグの気持ちですが・・・。

これから現実世界で、和人と明日奈のラブラブぶりを見せつけられるわけで、

スグにとっては辛い生活が始まりますね。

sao 25話 距離

 

ALOの中でイカロスよろしく登って落ちるリーファちゃん。

なんか心配になりますわ、この娘。

突然キリトを踊りに誘うところなんて、もうダメだと思いました。

sao 25話 それじゃあ踊りましょ

 

 

しかもいい感じのところでカノジョにひっぺがされるし。

スグちゃんが非行に走らないか心配・・・。

といったところで最後に「小さなおっぱぁぁぁい」が流れましたね。

久しぶりにこの曲↓聴いたけど、やっぱりいい曲です。
crossing field【期間生産限定盤】

ブログランキング・にほんブログ村へ


人気ブログランキングへ