『中二病でも恋がしたい!』 11話と『千と千尋の神隠し』の類似点を挙げてみました。

 

・橋の上にいるカオナシと凸守

中二病 11話 橋

 

 

・名前の呼び方が変わる。

凸守→早苗ちゃん

千尋→千

 

・頑張ってお願いする。

「お友達になってください」

「ここで働かせてください」

 

・もたれかかって外を眺める

中二病 11話 もたれる 凸と千

 

 

・与えることで相手の気を引こうとする。(魔導石と金)

中二病 11話 うけとれ

 

 

・おむすび

 

・川の向こうに見える光

中二病 11話 夜景

 

・川の上を走る電車(ここの寂しいBGMも心なしか似ている)

 

・トンネルの手前で止まる車

 

・自分の傍にとどめようとする凸守と坊

 

・空から落ちる(エンドカード)

 

・粘り気のある涙

中二病 11話 涙 高粘度

 

 

という訳で、最終回直前の11話でした。

「千と千尋」は「あっちの世界」から「こっちの世界」に戻ってくる話でしたが、

「中二病」の六花は「こっち」から「あっち」に戻るのでしょうか?

最後の台詞はなんて言ったの?(ゴメン・・・かな)

気になる展開のまま、次回最終回!

 

ブログランキング・にほんブログ村へ

人気ブログランキングへ
⇒『中二病Lite』のOP&EDも入ったミニアルバム